Entries

満開



かわいらしいなと思い写してみました。
ちょっと暗いかな。

ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

ワイルドストロベリー



実がつきました。
ワイルドストロベリーなので1センチほどの可愛い実です。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

楽天


みっちです。
楽天!いよいよ本拠地での開幕戦。
待ちに待った日。
朝一番でお花をお届けしてきました。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

センティナ 災害時お勧めのLEDライト

センティナライトの説明をしています。

東日本大震災の時、センティナライトを送っていただき大変嬉しく、便利で役に立ちました。
この小さなボディーが希望の光で照らしてくれました。

私自身、使ってとても助かりましたので、同じような大変な思いをしている人に持っててもらいたくてお勧めしてます。

br_110420a.jpg

これは、後ろに付いている差込みをひょいと起こして、普段は壁のコンセントに差し込んでおくだけ。
暗くなるとセンサーが感知して明かりが点くんです。
それにね、人の気配を感じると更に明るくなるんです。
今は明るい時間だから、光もあまり目立たないんですけど、暗くなってくるとはっきりわかりますから。

夜に暗い部屋で動くときにも便利。すごいでしょ。
LEDライトだから熱くならないし、普段はオートにして壁のコンセントに差し込んでおくだけで照らしてくれるし、朝になると明かりが消えるし、使いながら充電にもなるからいざと言うときにも安心なお利口さんライトなんです


br_110420b.jpg
ほら、ここにセンサーがあるから、明るさ暗さを感知するところを隠して暗くすると上のほうには強い光が出て、下のほうはふわっと照らすんですよ。
上下が平らになっているからテーブルや棚の上に置いておけて、私はこの前の停電のときには見たいところを懐中電灯として照らして、両手を使いたいときは、テーブルに置いて照らしてもらったんです。

br_110420c.jpg
左右にスイッチがあるので、自分で明かりの調節をするのに、どちらかをOFFにしておくことも出来ますからね。

「いいね。これ。あの地震の時から夜は近くに懐中電灯とか、ラジオとか、リュックを置いて寝てるけど、いざと言うときは真っ暗だから探すににも慌てちゃうもんね。あの時はね、懐中電灯があったと思って出してみたら電池が切れてて、並んで電池を買いに行っても売り切れで買えなかったのよ。いやーあの時はほんとどうしようかと困ったのよー。」

うふふ。これからはこれで安心ですね
お家に帰ったら壁のコンセントに差し込んですぐに使ってくださいね。
普段から使っていると安心ですからね

センティナの詳しい説明はDATEXXさんのHPでどうぞ。
http://japan.datexx.com/



ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

桜#336


ちょっとさぼり。
通りすがりの桜が綺麗だったので寄り道してみました。
公園を一周すると、犬のお散歩してる人、ジョギングしてる人、麻雀をしてる人…。
お花見してる人は静だった。
提灯はありませんでした。





お土産にたこ焼き。




ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

お花は良い仕事をする

当店で一番の働き者は、お花たちです。

お花には小さい子や大きい子、上を向いて元気いっぱいに笑っている子や、照れくさくてうつむき加減の子がいます。また、凛と背筋を伸ばしている子やフワフワと眠そうな子…たくさんいます。

この子たちが、私たち人間の気持ちを代弁してくれます。
ご依頼主様の真心を貰う方へしっかりと伝え、更に人の疲れや悲しい気持を吸収し、逆に元気の力を出し、与えてくれます。

お花たちのパワーはすごいなと、この度の震災後に強く感じました。
お花たちと一緒に仕事ができて私も元気をもらい癒されています。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

圧力鍋

8L…訂正、5.5Lの圧力鍋をいただきました。
実は…自分では使った事がありませんでした。
以前から欲しいなぁと思っていました。
ずっしりと嬉しい重さ。

昨夜は取説をパラパラと見て、レシピを見て、短時間で色んなお料理が出来ることにニンマリ( ̄▽ ̄)b


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

春の息吹#333

今年も私のミモザが明るく元気に咲きました。
毎年、つぼみが膨らみ色づいてくると、ふわふわになるまでの毎日を楽しみにしているのですが、今年は気づいたら咲いていた…。
ミモザちゃんごめんね
私たちがフリーズしたりつまづいたりしている間も、お花は季節を感じてちゃんと咲いてくれるんですね。




通りすがりに見た錦町公園や桜岡公園の桜も満開でした。
大きく手を広げた桜を見てとても嬉しくなりました。




エリーからもお誕生日のプレゼントを頂きました。
嬉しい気持ちはおすそわけします。
みんなでいただきます。

ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

御守り


いつもの龍神様に…大切な人に渡したい御守りを貰いに来ました。
昨日、私の家にもガスが通りました。

「陸前高田の友人が来るので温かいお風呂に入ってもらえます。」と、ガス栓を開けてくれた方に、嬉しくてありがたくて、涙をぽろぽろこぼしながら、いっぱいいっぱいお礼をいいました。
その方も、「間に合って良かったですね。自分達もたくさんの人にありがとうございますとたくさん言っていただいて嬉しくてがんばってますよ。」と、おっしゃってくれて、温かい気持ちになりました。

御守りもお風呂もOK。
あとはエビフライ作りだ!


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

お風呂

夕方、お友達からの電話。


うち、ガスが通ったからみかりんお風呂に入りにこない?って。
行くー。ありがとう
いつくる?
今日!今夜行く


し・あ・わ・せ
お風呂の前に、夕食が準備されていました
あれもこれもとたくさんお料理が出てきて、お腹いっぱいおいしくいただきました。
お風呂もたっぷりのお湯をはっててくれて、温度調節までしてあり、大感激です。
気持ちよかったですよ。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋




震災:パパになるよ…弟一家、姉の幼子迎え入れ

私の友人です。



以下毎日JP http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110404k0000m040076000c.htmlより引用

東日本大震災の津波で自宅や勤め先の会社を流され、避難所生活を送る岩手県陸前高田市の会社員、松田雅範さん(41)が津波で亡くなった姉、新沼薫さん(45)の幼い子供3人を新しい家族として受け入れる決意をした。松田さん自身も妻と2人の娘をもち、生活の見通しはまったくない。だが「震災遺児」となったおい、めいだけにするわけにはいかなかった。【沢田勇】

 松田さんが家族として迎え入れたのは薫さんの長男実歩(みつほ)君(8)と双子の姉妹の朱莉(あかり)ちゃん(7)、美尭(みのり)ちゃん(7)。薫さんは遺体で発見され、夫友康さん(46)や友康さんの両親は行方が分かっていない。

 ■        ■

 「津波が堤防を越えます。今すぐ逃げてください」。3月11日、松田さんは母を連れて車で避難所に向かった。防災無線の絶叫にも近い声は、事の重大さを物語っていた。背後で電柱がなぎ倒され、水しぶきが見えた。急いでハンドルを切って高台を目指すと、保育士に連れられ素足で坂を駆け上る次女穂乃実ちゃん(4)を見つけ、運転席の窓から車内に引き入れた。その後、避難所を訪ね歩き、長女由希菜ちゃん(7)と、薫さんの子供3人の無事を確認した。

 叔母の家に5人の子供を預け、薫さんらを捜し続けた。翌12日。避難所の市民体育館に向かう薫さんと、消防団員として体育館前で交通整理をしていた友康さんの姿を目撃したという人に出会った。体育館は、津波にのまれ生存者がほとんどいない避難所だった。薫さんの家も基礎が残るのみだった。

 震災1週間後の18日、松田さんは遺体安置所で薫さんと再会した。薫さんの子供たちと自分の長女は同じ小学校。一緒に遊ぶことも多かった。どれだけ子供たちを愛していたか、よく知っている。姉の無念さを思うと、やるせなかった。

 薫さんの死を子供たちに告げられなかった。「電話が通じるようになったら、早くお母さんに電話したいな」。甘えたい盛りの子供の気持ちを思うと、胸が締め付けられた。それでも「最期の別れだけは立ち会わせたい」と火葬前日の23日夜、事実を告げることにした。

 「なに、なに」。無邪気な子供たちを前に、声を振り絞った。「お母さんもお父さんもみんな死んじゃいました。今日はいっぱい、いっぱい泣いていいからね」

 悲しみに包まれる部屋。そして松田さんと妻あやさん(41)は、こう告げた。

 「これからは由希菜のパパとあやちゃんが、みんなのパパとママになります」

 ■        ■

 岩手県が3月25~31日、県内約350カ所の避難所で行った調査によると、幼児~18歳未満のうち、両親が死亡・行方不明になった子供が約50人確認された。しかし、薫さんの子供のように親族に引き取られ避難所にいない子も多いとみられ、全体像は分からない。

 陸前高田市教育委員会が各小中学校を通じて行った調査では、市内の小中学生だけで27人(2日現在)が震災遺児となっている。市の担当者は「まだ増える可能性もあり、実態を早急に把握する必要がある」と話す。

 ■        ■

 松田さんは自らも家や職を失った。「正直、この先どうしていいか分かりません」。表情には不安も漂うが、姉の愛した子供たちをどうしても見放すことはできなかったという。

 「逆の立場だったら姉も同じことをしてくれたと思いますよ」

■毎日新聞■


笑顔とお花とエビフライ

ずっとずっと会いたかった陸前高田の友人に会いに行きました。
こんなに遅くなってごめんね。
moblog_b466c21f.jpg





崩れた建物の前には、片付けた後だろう箱が置いていました。
その中には持ち主を待っている写真やアルバムが入っていました。
胸が苦しくなりました。




今までたくさんの家が立ち並んでいた場所がこんなことに・・・。
ここは空気が澄み、緑と空と海のきれいな町でした。
以前遊びに行ったときには、皆さんが私をやさしく受け入れてくれた場所でした。



ひどすぎる姿には言葉を失いました。




海岸沿いはホテルも大きな建物も崩れていました。
お友達の避難所を探し車を走らせましたが、私は瓦礫の山と大きな道路しか見えませんでした。
左折する道路は目印が無く道を見逃し、しばらく車を走らせたあと、行き過ぎてしまったことを知りました。
目に見える物だけを見るのではだめですね。
大きなトラックが何台も行き来して、瓦礫を運んでいました。
自分がその場にいることが信じられませんでした。



私よりも先に、物資を送っていた秋田と兵庫のお友達からもまた、たくさんの愛を託されて私はお友達に会いに行きました。私の応援までしてくれました。
みんな学生時代に寮で一緒に暮らしていた仲間です。



お花屋さんもありませんし、この季節お庭に咲いているだろうお花も震災で津波に流されて持っていかれていました。

避難所で過ごしている多くの方々には、早く笑顔になっていただきたく願いを込めて、また、この震災でお亡くなりになっ多くの方々へ手向けていただけるようにお花をお持ちしました。
お受け取り下さった本部の方たちは大変ご丁寧にお受け取りくださいまして入り口に置かせていただきました。
お花は多くの方が喜んでくださるそうです。




お友達の子供からのリクエストでエビフライを持って行きました。
子供が喜ぶと母であるお友達がきっと喜んでくれるはず。

本当は、今お友達が一番やりたいのは、自分で子供にお料理を作ってあげることなのに・・・、でも今は出来ないので、私がお母さんの代わりになります。
私の家はまだガスが通っていないので、一つのカセットコンロと電気調理器をフル稼働させて、いっぱいいっぱい作りました。



大人用にと準備した煮物も子供が大喜び。
お料理を見た子供が何回も喜んでもらえるようにイチゴのサンタさんも小さなパックに入れました。
ウサギちゃんの小さなフルーツフォークでイチゴを刺して子供の口に入れました。
「おいしい」って笑顔いっぱい。
「全部おいしい」
「私の好きなものばっかりだよ」と食べながらご機嫌です。



横で見ているお友達と目が合って、彼女もニコニコ。



帰り際、私がしゃがんで手を広げたら子供が飛び込んできました。
ぎゅっと抱きしめたちっちゃくってやわらかい体にはパワーがありました。
その子は「子供は風の子元気な子だよ」って教えてくれました。
「またお弁当作って来てね」
「うん。いいよ。約束しよ」
子供とは指きりげんまんをしました。

最後にお友達をぎゅっとしたら、今まで笑っていた彼女が初めて泣きました。
次にこの地に来るときは新しいお家であってほしいと心から願いました。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

お誕生日・・・だった日




先日、ナナちゃんがみんなにマフィンを焼いてくれました。

その中でも私の分は、特別です。
ダークブラウンの不織布の袋に入って、リボン結びをダブルに結び、高級感。
このマフィンはナナちゃん本当に作ったの?お店で買ってきたんじゃないの?とからかいましたが、そう思えるほどの出来栄えです。おいしくって大満足。
毎日地震で慌しく、私の誕生日もスルーのはずが覚えててくれたんですね。

ナナちゃんの仕事が終わり、帰るときにこう言われました。
「店長、この袋回収しますね

え?? あー・・・

「この袋はまた使うので、もって帰りますね

あーそうだね。私、このセロファンの袋も返したいと思うんだけど、ごめんね…ビリッと破いちゃったの

「はい。それは大丈夫です。そのセロファンは使わないので。この袋だけで。うふふ



ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

笑顔


みっちです。配達中に信号待ちをしていたとき隣に並んでいた車から小学生位の女の子がこちらを見ていました。
私とは目が合わず、車の文字を読んでいるようでした。
車には笑顔とお花の専門店と書いてあります。読んだあと私と目が合いました。本当かなって思ったのでしょうか。
ニコッ(*^^*)とお互いが笑顔になりました。
車が走り出すと女の子は手を振ってくれました。p(^-^)qありがとっ。彼女に会う前は、みけんにシワを寄せて運転していたように思います。お店の車は周りの人を笑顔にできる車だった。知っていたはずが・・・
とても大事なことを忘れていました。
笑顔とお花をお届けします。(^o^)    



ハナコンチェルトブルージュ 
仙台市青葉区上杉の花屋

やっと会えたね



ヤッターヤッター。
2月にお願いしていたナナちゃんのハサミケースがやっと届きました。
特別なハサミケースです。
これからずっと一緒に仕事をする相棒ですから、時間をかけて試着して、これだ!と言うのに出会って決めたんです。
まだかなまだかなと毎日待ち焦がれていました。
震災で納期が遅れてしょんぽりしていました。
でも、今日からは元気です。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

また大きな余震!みんな大丈夫です

今夜…日付は変わって昨夜です。
23時32分…大きな大きな揺れがきました。
先月の大地震からもうすぐ一カ月たつのに、またこの揺れです。

私の電話はなかなかつながらず、メールでの連絡が続々届いています。
ブルージュのみんな無事で、連絡が取れました。

連絡の取れた人からは、お花屋さんやお友達が心配してくださってお電話をくれてるいると聞きました。
私からはなかなか繋がらないのでブログでお知らせです。

わたしたちはみんな大丈夫です。
地震の時、私は猫の砂を買うために上杉のセイユーさんにいました。
電気も信号も目の前で消えて真っ暗になり、動けないので、お店の人が誘導してお外に出してくれました。
ご自身も怖かったと思います。
ありがとうございます。

その後、すぐに自分のお店を見に行ったらお花のお水は転んでいませんでした。
花瓶も大丈夫です。
でも、胡蝶蘭が…花苗にダイブしたらしく、花びらが取れていました…。
引き出しが飛び出して資材がひっくり返っているくらいで済みました。

私のマンションも停電で真っ暗に。
でも、アメリカのミスターから先日送っていただいたLEDライトのお陰で明かりが取れています。
電池交換がいらないので、朝までつけておけます。

私の家の中は…めちゃくちゃ。
割れ物もあるので土足でいます。わがままを言うと寒いよー。
何となくお腹も空いてきました…。

今日、災害ゴミ捨て場に行ってきたばっかりだし、食材を買い込んで全部冷凍したばっかりなのに…停電なんて…。

外はヘリコプターが飛んで、救急車がたくさん走っています。

今夜は一人なので特別びびってます。
何度も揺れています。

それでも、先日の地震以降、たくさんのかたから支援物資をいただいたのを大切にしていたので心強いです。
大丈夫です。

今夜はたくさん着こんでソファーで仮眠です。
停電しているので明日の朝を待って動きます。

ブルージュはみんな強いパワーを持っているので大丈夫ですよ。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

災害ごみ



震災で壊れたものを捨てに来ました。
片付けて部屋の廊下に寄せたり、ベランダに出していたりしていましたが、やっと捨てれました。
思い入れのあるものも無くなっちゃいました。
地デジテレビは壊れたかと心配していましたが、設定をし直した結果、これからも長いお付き合いができるようです。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

花屋は究極のサービス業#321

ふう・・・今夜は怖い夜です。

長い時間の揺れが大きい地震がきています。ドン!ときたり、徐々に強くなったり。
地震のご機嫌がわからないので、どう攻めてくるのかさっぱりわからず、毎回どきどきです。
すぐに、テレビやヒーターを消して、食器棚はきれいに片付けたばかりなので、今度は割れないようにと必死で抑えています。
揺れが収まったかな・・・もう大丈夫かな・・・と冷静に戻るとき、心臓はバクバクして手が震えている自分に気づきます。
テレビの地震の情報を見て、地域ごとの震度を見て、私も怖いと思うけど、非難している人たちはもっともっと怖がっているんじゃないかなと頭に浮かびます。


あの日からもうすぐ一ヶ月。
毎日揺れて、ドキドキして、緊張感がずっと続いています。
ライフラインは復旧してきて、お店も営業しているところが増えてきて、ガソリンも並ばずに入れれるようになってきたのに、あの日から長い一日がまだ続いているようです。
体が揺れているような感覚がずっと続いてビクッとします。
お店にいらっしゃるお客様と地震のお話をしても、やはりお客様からも同じようなお話を聞きます。
みなさんも気持ちがゆっくり出来ていないんですね。
私たち花屋は暗い顔をしていてはいけない!
お客様が心を開いてくれるように、やさしい顔をしていないといけない!


まだまだ地震が多い不安な状況でも、被災地へ足を運ぶお客様もいらっしゃいます。
お亡くなりになった方へお花を手向けるために、今は近くのお花屋さんも営業されていない地域へご自身で持っていかれるお客様たちです。

ご家族、ご親戚、ご友人の為に、お客様が出来る精一杯のお気持ちをお花に託しています。
車にたくさんの荷物を積んでそして最後にお花を丁寧に積んで被災地へ向かうお客様もいらっしゃいます。
今まで泣いていたのかなと想像できる目。

朝のバスで石巻へ向かうからみかん箱いっぱいにお花を入れてくださいというお客様もいらっしゃいました。
もう棺の中にお花を入れてあげられないから棺の上をたくさんのお花で飾ってあげたいのと。
お花をいっぱいに入れたその箱を両手で持つと結構な重さになりますし、幅もあります。
前方も足元も見えずらく、ご自分の荷物は持てません。
大変そうなので、お花がすっぽり入るポリ袋を2枚ご用意して両手に持つと持ちやすいと提案しましたが、ご自分の荷物は肩から斜めにかけるから大丈夫。とにかくお花を飾ってあげたいのとおしゃってお出かけになったお客様。
その様子を想像して改めてその気持ちの強さに脱帽しました。

私に出来ること。
お客様のご希望に応えること。
お花でお客様を応援すること。

人は生まれてから亡くなるまで・・・いや、お亡くなりになってからもお花に接しています。
特別日はお花なんです。
人の気持ちを代弁してくれる大切なお花。
だから花屋は究極のサービス業でありたいと思っています。

私は本当に出来ているのかな・・・。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋




ガス#320

まだかなまだかなーと心待ちにしているのですが、私の自宅はまだガスが通っていません…。
夜にガス局のHPを確認していますが、私の住所は予定には入っていないんです…。
1丁目2丁目…。
あぁ3丁目は無いんだ。

やっぱり一カ月かかるんですね。
小さな電気調理器があるからお料理もできますが、ガスほどの火力が無く、簡単に作れる卵料理ばっかり作っています。卵は好きだけど飽きちゃいました。
缶詰もいただいたので美味しく食べていますが、温かいものが食べたいな。
ガスが通ったら、フライや天ぷらが食べたいな。

最近ハマったのが豆乳。
お友達が送ってくれたので、豆乳のレシピを見て挑戦しようと思い、試しにちょっとだけ飲んでみたら、すごーく美味しかったんです。
ごくごく飲んで、お料理に使う前にお腹の中に入っちゃいました。
これはうまい!
これからはいつも飲んでいた牛乳じゃなく、豆乳を定番にしようと思いました。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

お花でパワーを#319

悲しくて辛くて、切なくて、怒って…。
私たちは震災に遭って、時間が止まったような生活をしていましたが、お花たちはちゃんと春を知っていて、ひょこっと顔を出しています。
moblog_3b07d5dd.jpg
よし!今からは前向きに行きます。
私たちが笑顔と元気をお届けするために、震災なんかに負けない!
ヤッツケテヤル!






ワイルドストロベリー。白いちっちゃなお花が終わると丸いイチゴが付きます。
数年前、しあわせを呼ぶイチゴとして大人気でした。




カラー。
母の日に多く出回ります。
市場の花鉢は震災の影響でまだ少ししか入荷していませんが、小さなアジサイやクレマチスも少しずつ入荷してきてます。




ビオラ。
春の花壇を彩る定番のお花。




パセリ。
自分で育てて食べれます。



マリーゴールド。
色ミックスで入荷しました。
花壇が明るくなります。



エニシダ。
遠くからでも目を引く明るいイエローがとっても魅力的です。



レウィシア。
多年草で、寒さにも強く育てやすいお花です。
お花が終わったら茎の根元から切ってあげると次々とお花が咲いてくれますよ。




フレンチラベンダー。
ウサギの耳のようにお花が付いています。
イングリッシュラベンダーと違いポッコリしています。



ノースポール。
植えかえてあげると秋までどんどん成長してくれます。
たくさん枝分かれして、たくさんお花がついて、目玉焼きがいっぱいあるみたいなんです。



キャットテール。
毎年書いていますが、私のダイダイダーイスキなお花です。
猫ちゃんのシッポです。


ハナコンチェルトブルージ
仙台市青葉区上杉の花屋

小さな奇跡#318

ババンバ・バン・バン・パン♪
ババンバ・バン・バン・パン♪

バスタオルを首に巻いてお友達の家に向かいました。
ガスが通ったのでお風呂を借りました。
湯船にちゃっぽーんは気持ちよかった。
私の家はまだ。
明日も予定にも無いみたい。

今までずいぶん贅沢だったと考えるようになりました。
最近は毎日、小さな奇跡に出会います。
ほんの些細なことが嬉しくて心からありがとうの気持ちがいっぱいに溢れてきます。
ライフラインが止まって、食材が買えなかった時はご近所さんやお客様が分けてくださいました。
お友達とも助け合いました。
仙台は落ち着いてきたので今度は私たちのパワーを使うときです。
悲しいことが多くて自粛ムードですが、会社やお店までが元気を無くしてしまうと被災地への支援も難しくなります。

これから私たちにできる事は、心を癒し、笑顔になってもらえるようなお花をお届けすることです。
だから、頑張って売り上げを伸ばす努力をします。
ご注文の度に、少しずつではありますが、寄付し続けるように申し込みました。


ハナコンチェルトブルージゅ
仙台市青葉区上杉の花屋

みんな知ってる#317

お花を買いにきた親子。
お母さんは店内を回りながら花束が出来るのを待っていた。

子供は花束を作る手をじっと見つめて待っていた。

ちょっとその子に聞いてみた。

私:ねえねえ、ありがとううさぎって知ってる?

ちょっと時間をおいて…小声で返事が返ってきた。

子供:知ってる…

私:じゃあ、行くよー ありがとう~♪ ん・・・?

子供:うさぎ…

小さい声が聞こえた。
よしよし

私:こんばんわ~♪

子供:ワニ

私:いただきま~す~♪

子供:いただきまうす

いい感じに声が大きくなってきて、笑顔になってきた
すごい!本当に魔法の言葉だなっ


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

Appendix

QRコード

QR
携帯からアクセスできます

ブログ内検索

Extra

プロフィール

ブルージュ

Author:ブルージュ
笑顔とお花の専門店ハナコンチェルトブルージュです。
仙台市青葉区上杉のフラワーショップの他に、仙台市青葉区本町のフラワーデザインとテーブルコーディネートの教室を運営しております。

最近の記事

FC2カウンター