Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みかりんVS子供たち

台風
強風、大雨。高速道路封鎖。
雨合羽を持って陸前高田へ行って来ました。
前回は避難所にいる友人をギュッと抱きしめるため。
今回は、仮設住宅入居のお手伝いのため。





今回のリクエストはシチュー。
ゴロンゴロンとジャガイモは大きくカットし圧力鍋へ



パスタは敗者復活戦メニュー。
先月、私の家にお友達が来たときに、予めパスタを食べたいとのリクエストがあり、気合を入れて作ったのに子供からはNGを突きつけられてしまった
ニンニクやハーブをふんだんに使って作った大人味のパスタソースはだめ。
と言うことで今回は、カットトマトの缶詰とハインツのケチャップ、コンソメでソース作り。
家にはデルモンテのケチャップはあるのですが、ハインツの方が甘みがあってお砂糖を使わなくてもいいので、子供パスタにはこれを使います。
あれもこれも入れたい・・・と言う衝動を何度も抑えて、子供用を作りました。
彩にはミックスベジタブル。
なんて簡単なんだ。
ほんとにこれでいいかな?
一緒に食べた夕食の時に五人の子供たちに聞いたら「おいしい。おいしいよ。」って大好評
やったー!勝った!




エビフライはみんなが大好きだと言うことで、お弁当の定番になりました。




今日のおにぎりは、和風ツナマヨの真似をしてみました。
ふふん。私も満足


初めて仮設住宅に行きましたが、8人の家族がこの空間に生活するのは大変だ・・・と感じました。
冷蔵庫も洗濯機も予め設置されていましたが、何でこの配置なの??
隣りあわせでもなく、向かい合わせでもなく、ただ置いていったという感じ。
これで何も置けないんだよね・・・と友人も苦笑い


お部屋は服と救援物資の食料や子供たちのおもちゃでいっぱいでした。
棚を置きたいとは考えているらしいのですが、まだ荷物を運び込んだばかりなので、何を準備するかも考える暇が無いそうです。
とりあえず、仙台から今日持っていったのはラック。
これを子供に手伝ってもらって、組み立て、箱に仕切りをつけて分類して荷物をいれ、ラックに乗せた。

そして私が先日覚えた、服を二秒でたためるたたみ方を二人の子供に教えた。
子供は覚えるのが早くて、完璧。
普通にたたむのと、覚えたてのたたみ方とではどっちが早いか・・・なんて、競争しながら服をパタパタとたたみ始めた。
よし!いい感じ。
次はおとなしく宿題をさせるために、「今から30分計るよ。すぐに準備して。よーい始め!」
うちのお店でお花の練習をするときに、やってるのと同じ。
号令をかけると大急ぎで準備してスタートの号令とともに静かになる。
ただ、30分しかもたない。

子供たちは怪獣。
ギャ-ギャーワーワー。
みんなが一度に違う話をしてあっちこっちに散らばったり、一人がくっついてくると残りの子たちも一気にくっついてくる。
みかりん遊ぼう、みかりんこっち来て、みかりんおんぶして・・・私は衣をつけたダンゴ状態で倒されてしまう。
おんぶおんぶといって後ろから飛びついてくるから「ずるい!今度は私をおんぶしてよ。」と言って、子供の背中に乗る真似をしたら、本気で私をおんぶしようとするんです。
ま、当然無理でしたが、それでもあきらめの悪い子供たちは考えに考えて、五人が肩を組み馬になり私をおんぶしたいと提案してきた。
「んじゃぁ、おんぶしてちょうだい。」
当然私の勝ち
全員をつぶしてやったよ

友人はこれを毎日やっているのだろうか???
でも子供が120%の笑顔で私に笑いかけてくれる姿はどうしようもなくかわいい。
私も子供の頃は走り回り、黙っていることがなかったから、子供の頃の自分を見ているようで面白い。このくらい騒ぐほうが子供らしくて元気な証拠だからいいと思う。
でも、働きながら8人の世話や片づけをする友人はどうだろう。
私は一日だから楽しいで済むけど、毎日となると相当のストレスになるのではないかと心配です。

これからの私に出来ることを考えた。
友人の時間に深呼吸できる隙間を作ってあげることかな。
落ち着くまではまだまだかかるようだけど、せめて月イチでこの家族に会いに行きたいなと改めて思いました。

次回のお料理のリクエストはハンバーグとかぼちゃのコロッケ。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋





スポンサーサイト

ウェイパー



今夜は炒飯を作ろうと決めて、圧力鍋にお米と少なめのお水を入れて低圧5分。
満足の炊き上がり。
そしていよいよ、初ウェイパー。
今までは中華スープの素や、市販の炒飯の素を使っていました。

このウェイパーって、どんなにすごいのかとワクワク。

途中の味見。
おっ美味しい
お友達から貰ったワラビも使ってみました。
仕上がりも、今までに作った炒飯の中でもダントツ一番の味。
明日もウェイパーを使うお料理にしてみよ


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

お料理の準備

昨日、帰りに一週間分の買い物をしようと自宅近くのスーパーに行ったら既に閉まっていました。
えー10時までって・・・。
いや!しょうがない!

今日、再トライ。
今日は何とか弊店5分前に着きました

予め買うものリストは準備していたので目的の売り場にまっしぐら。
やったー。欲しかった食材はすべて買えました。

家に着いて早速お料理と一週間分の下ごしらえ開始。
作った作った
チキンのロール巻きを圧力鍋に入れて、残りの鶏肉はから揚げ用に味付けをして冷凍庫。
蕗は茹でて皮をむいて軽く炒めて明日のお弁当用。
残りは冷凍。
お魚はすべて冷凍。
豚肉は2回分を取り分けてそのまま冷凍。
残りの豚肉はお弁当のひとくちカツ用に衣をつけて全部冷凍。
更に残りを酢豚用に小麦粉をつけて冷凍。
冷凍庫がいっぱいになったので今日は終了。
お肉ばっかり!

夕食を食べるのを忘れていました
でも、作りながらつまんでいたので、今日はいっかぁ・・・。
牛乳を飲んで終了です。
おやすみなさい。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋










勉強中

震災で避難所生活をしているお友達から電話がありました。
「仮設住宅決まったよー。入れることになったよー。」と。

嬉しい嬉しい声でした。
先月会いに行って、それからずっと願っていたことがかないました。
ひとつ進みました。

彼女たちはやっとスタートラインに立ったのですね。
近々会いに行きます。

私は普通の生活に戻っています。
震災からの一ヶ月間の生活を忘れてはいけないです。
必要なものが買えずに、ガソリンも入れれず、仕事もストップして気持ちが落ちそうになっていたときにたくさんの人が手を差し伸べてくれたこと。

この震災をきっかけに節約を心がけるようになりました。
健康でいる幸せも感じています。
毎日食事を作り、お弁当も作るようになりました。
食生活がきちんとすると痩せるんですね。
ちょっと引き締まったように感じるのですが、周りからは、まだ笑われちゃいます。

家の大掃除は一度に出来ないので、今日はこの部屋のここ、明日はここと決めて集中的にやっつけています。
片づけをするうちに、うまく片付けられる工夫をしたいと考えるようになりました。
インターネットで収納方法を検索して、タンスの中に仕切りを入れました。
洗濯機の上に棒をつけました。
たくさん出てきたシャンプーやクレンジングのサンプルを使い切ろうと決めました。
洗濯物を2秒でたたむ方法を覚えました。
これは面白くて、お店でも「見て見て、こんなに上手くたためるんだよ。」って無理やり見てもらったりしてます。
こんなにすぐに上手くたためる方法をどうしてもっと前にやっていなかったんだろう・・・と悔やみます。
とにかくたたむのが面白い!


最近は、今まで気にしていなかったことをしているので、初めて知ることも多いです。
自分の為に自分ができる小さな勉強中という感じです。楽しんでいます。
友人もがんばっているから私もがんばるぞ。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋


夢中


お料理が面白くなってきた
圧力鍋がやって来てから色々試している。
今夜は里芋があったので調味料を入れて2分やってみた。
次回は1分半でいいかも。
2分で充分柔らかい
明日、グリーンを添えてお弁当にしようっと。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

テスト

ナナです!

初めまして

テストです



ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

お預かり


お友だちのバラを預かりました。
少し弱っていたのでしばらくブルージュに入院です。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

床が…


地震でピアノの足が台から落ちてしまって、何度も乗せようとしましたが力不足でした。
しょうがないのでそのままにしていましたが、今日はピアノの配置換えにトライ。
これならできるかもしれない。
動かしたら床に穴が空いて
いました。
しょうがない、大移動です。
大掃除です。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

植物から学ぶ#344

いつの間にか撮られていました。
しゃがみ込んで何してるんだろうと思ったのでしょうね。

br_110513a.jpg



私が写していたのは三年目のフリージア。
毎年ちゃんと咲いてくれます。
こんなに茎が細いのに、強い風が吹いてもしっかりと成長しています。
ここに来た時にはヒョロヒョロで根元がぐらついていたのに、今ではしっかりと地に足を付けています。
見習わないと…




ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

すてきな母の日

今年も大変な・・・素敵な一週間が終わりました。
朝早くから夜遅くまで、やってもやっても終わらない。
ずっと立ちっぱなしで足も痛いはず。
でも、痛い痛い言っていたのは私だけ。
みんなサクサク仕事をしていきます。




バスケットに花鉢を寄せた商品も大好評。
ガーデニング好きなお母様たちは大喜び。


いつもはバケツをひっくり返して床をびちゃびちゃにしてしまう期間のはず。
でも…今年は何かが違う!
動きがスムーズだったんです。



ご注文の受け方も、予定の組み方も。
母の日前の朝礼で何度も母の日の話をして、注意事項を自分たちで考えてミスしやすい事もどうすれば防げるか考えました。
まずは声を出す。
みんなに自分のしている仕事がわかるように声を掛け合う。
壁には自分が現在している仕事や、これからする予定を誰が見てもわかるように紙に書いて貼る。
全員で人をフォローする気持ちで仕事をしたおかげですべてがスムーズでした。
今年はご不在のお客様とも早めに連絡が取れて再配達も早くに終わりました。





よし!終わった。
お疲れ様ということで焼肉を食べに行きました。



いいお店があるよと聞いて、予約を入れてもらいました。
食べた食べた。
おいしい時間でした。




ナナちゃんは、お母さんの好きなラベンダー色のバラとシュガーピンクのバラを合わせて、包み込むような優しさにあふれた綺麗なブーケを作りました。
素敵でした。


母の日が終わる前に、2012年…来年の母の日ノートを準備しました。
このノートは、1年かけて仕上げていきます。
今年気づいたこと、来年はこんな工夫をしたい。
こんな商品がいい。
みんなが書き込みます。
来年もたくさんのお母さんたちに笑顔をお届けしたいのでがんばります。
うふっ楽しみです。



ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

休憩



愛情おにぎりだって。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋

毎日うれしい#341

ここ数日はうれしいことばかりで感動しっぱなしです。

一昨日は愛知から仙台のご実家に帰省中のお客様が、仙台のお母様と一緒にいらしてくれました。
大震災でライフラインも止まり、ガソリンもなかった時に配達の予定が入っていたお客様です。
お花をもらう方は94歳で一人暮らし。震災後は連絡が付きませんでした。
ご依頼主様とは何とか連絡が取れ、配達は無理ですとお伝えしていたのですが、仙台と愛知では離れていて、テレビで見た映像でとても心配されていて、お花が無くてもいいから、メッセージカードだけでもいいから配達先様にお届けしてほしいとお電話口で泣いていらっしゃったので私たちも、「じゃあ、今あるお花で作って一度行ってみよう!」と決めました。
お家についてもやはりご不在でしたので、ご指示通りお花はフラワーボックスに入れ、お帰りになった時にわかるように簡単なお手紙を置いてきました。
そして、ご依頼主様には、届けたお花の写真とお家の前のご様子を写した写真を送りました。
その後、ご依頼主様からは無事にお花を受け取ってくれたというお電話を頂き、私たちも、お花を届けれて良かった良かったと思っておりました。
そのお花をお受け取り下さった方とご依頼主様がお店に来て下さったんです。
震災の時の大変な状況を教えていただき、未だ家の修復は完全に出来ていないことも聞きました。
それでも、あの時のお花で、自分が誕生日だった事を思い出し、元気があふれてきたとおっしゃってくださいました。
本当に本当に良かったです。
わざわざ当店を探して、長距離を歩いていらしてくれたお気持ちに感謝でいっぱい。パワーもいっぱい頂きました。




昨日は午前中にサプライズのお客様がご来店。
遠く山梨からご夫婦でいらしてくださいました。
ホワイトデーに当店から山梨へ発送するお花をご依頼いただいていました。
ところが、このお客様へも大震災でお花もご用意できず、運送便もストップしてしまい、ホワイトデーにはお届けする事ができませんでした。
それでも、キャンセルせずに、ずっとずっと待っていてくれたんです。
4月になってやっとお花を発送することができた時にはうれしくてうれしくて、お客様も喜んでくださって、生涯忘れる事のないご注文になりました。
そのお客様が山梨から車で何時間もかけていらしてくれたんです。
うれしくてジワーッと涙がこみ上げてきました。
初めてお会いしたのに、ふわっと人を包み込む様な笑顔のご夫婦でした。
母の日のご注文をいただき、他にもご自宅用のお花をお買い上げくださいました。
当店が発送した時のフラワーボックスをご丁寧に持ってきてくださって、そのボックスにお選びいただいたお花を入れてお持ち帰りになりました。
ありがたいです。
このお客様とも心がつながっているように感じましたうれしいです。



そして午後。
一緒に避難していたお友達のご両親が気仙沼からいらっしゃいました。
大きな大きなお米の袋を持ってきてくださいました。
大きすぎて重すぎて、袋をズズズーと引きずっていました
震災後からずーっと連絡が取れず、みんなでお友達のお父さんの携帯を何度も鳴らしました。
連絡が取れたのは10日以上たってから。
心配で不安で、でも自分たちは何もできない苛立ちがあったことを思い出したり、電話がつながって飛び上がって喜んだ気持ちがよみがえってきて、私も、自分の両親に会えたように感じてまたまたいっぱいしゃべりました。



そして夕方。
お店の前を通るはずの、あるお客様を毎日待っていました。
やっと見かけて追いかけてお話をすることができました。
86歳のミスター。
背が高く、背筋がピンとしていて年齢よりもずっとお若く見えます。
いつも私たちを心配してくれて、自分の子供や孫のようだとおっしゃってくださいます。
言うことを聞かない困った子供たちです

震災直後にお会いしたきり、しばらくお見かけしていなかったので、気になっていたんです。
どうしてもこの方にはセンティナライトをお渡ししたかったんです。
やっと叶いました。
センティナライトの説明をしていたら、いつも気丈なミスターから、初めて弱音を聞きました。
私も切なくなりましたがお話をしているうちに、しょぼんとしたのはちょっとだけで私もミスターも徐々に笑顔いっぱいになりました。
しまいにはいつものように、「早くいい人見つけろ…。あーでもあんたには草食系はダメか…ハッハッハッ」と笑ってお帰りになりました。


ハナコンチェルトブルージュ
仙台市青葉区上杉の花屋


Appendix

QRコード

QR
携帯からアクセスできます

ブログ内検索

Extra

プロフィール

ブルージュ

Author:ブルージュ
笑顔とお花の専門店ハナコンチェルトブルージュです。
仙台市青葉区上杉のフラワーショップの他に、仙台市青葉区本町のフラワーデザインとテーブルコーディネートの教室を運営しております。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。